ネットカフェのルーツ|漫画喫茶で漫画三昧|至福の一時を満喫できる
ウーマン

漫画喫茶で漫画三昧|至福の一時を満喫できる

ネットカフェのルーツ

メンズ

宿泊施設として利用が多い

殆どの駅周辺で見かけることが多いネットカフェ、多くの人が利用された経験があると思いますが、利用する目的は時間つぶしや漫画やネット閲覧、宿泊など用途は様々です。ネットカフェを利用する最も多い理由として挙げられるのが、宿泊施設として利用できるという点です。終電のなくなったサラリーマンが始発まで仮眠として利用するので夜中12時前後が一番利用者が増えてくるそうです。利用料金はカプセルホテルよりも安く、どのネットカフェにおいても格安パック料金が設定されており2000円前後で利用できます。広くはないですが完全個室で横になれますし、ネットや漫画も読み放題、さらにドリンクも無料で食事やシャワー施設もあるので、必要なものはすべて揃っていますから宿泊施設として利用しやすいと言えるでしょう。

ネットカフェの移り変わり

今でこそ多くの人が利用されているネットカフェですが、この起源は漫画喫茶と呼ばれるものでした。漫画喫茶のルーツは1980年代初頭と言われており、店内は普通の喫茶店で店内にある本棚には大量の漫画雑誌が置かれていて利用者が椅子やソファーに座って漫画をひたすら読むというものでした。漫画喫茶を導入するきっかけとなったのが店主が趣味で所有している大量の漫画を店内に置いたことによるものと言われています。店主の趣味が高じてそれが評判を呼び広まっていったのです。漫画喫茶が人気となったことで色んな業者が参入し競争が激化しました。単なる時間潰しとしての利用だけではなく色んな設備を設置して宿泊施設として快適に利用できるようになりました。単なる趣味から始まったネットカフェのルーツの漫画喫茶が、多くの人に愛され利用される施設となったのです。